FC2ブログ

マレーシアの引越しは大変だ。

やっと、引越しは完全終了し、あとは梱包を解いて戻すだけになった。
が、しかしー!
結果は、何の問題もなく日時通りに行えたのであるが、
マレーシアあるあるに日々遭遇し、大変な目にあったのだった。
英語が堪能でなく、交渉下手な日本人なら、
間違いなく引越しは出来なかったであろう。というくらい、労力を使用した。

まず、TM。何度も確認したが、1日の予定が、3日の確認メール。
おいおい!ふざけるなよ!Whatapp&英語でまくし立てて、再三の
交渉の後、なんとか、日時通りに完結した。

そして、EZMOVERの引越し業者は完璧によかった(おすすめ)
が、出先のコンドの警備員とマネージメントオフイスおよび
オーナー会社担当者の連絡の不手際で、全部に1-2時間近く
交渉して、やっとのことで、搬出可能になったのであった。
そして搬出は滞りなく行えたので、新居へGRABで先に行く。

ところが、新居で待っていたら、出先のコンドから出口の警備員に
止められて、出られないとの連絡。

しかたなく、GRABで戻り、更に交渉すること30分。
やっとのことで、搬出可能になり、EZMOVERのトラックに便乗して
新居への戻ることが出来たのであった。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「ピスタチオ」

100年ライフへ向けて試行錯誤中。55歳で外資管理職をリストラ。再就職せずにマレーシアに移住しマレー株投資、暗号通貨への研究&投資など日々の珍道中を寄稿しています。