マレーシアD.I.Yで見つけた優れもの

KL生活珍道中
08 /30 2017
私は外資にいたので仕事で英語を使うレベルでしたから、マレー英語に関しても慣れてしまえば口座開設やコンド英文契約なども問題なく生活できています。移住前に心配だったのは英語があまり得意でないワイフでした。
2012年にMM2H取得してから英語を自分なりに勉強していましたが、やはり実際に使うのとは大違いなのですね。移住後にワイフから「KLで英語学校に行きたい」というのです。
そして自分でいろいろリーズナブルなところを見つけてきて、その学校に行き初めて3カ月。
最近では、学校繋がりで友人たちをつくり、女子会?みたいに楽しくおしゃべりをして帰宅するときもあります。私としては慣れないマレーシアにとても馴染んできて、頼もしく感じる毎日です。ワイフは日本在住時から毎日外出しないと気が収まらない性格だったので、そのままここマレーシアでも毎日精力的に外出し、時には友人たちを食事会も行っています。

私はサラリーマン時代は管理職が長かったので、英語で外人たちと話すのはとても楽しいのですが、日本人のへんな管理職の方々と接しなければならず、それがストレスの元でもあったくらいでした。基本、出不精でどちらかというと引きこもり系かもしれません。一人で行動することは全然苦にならず、今はストレスフリーで逆に楽しくて仕方ありません(笑)。

私の経験から米国系企業外人管理職(直属のボス)と米国も欧州も変わらず日本人管理職(横並びか他部門のボス)の大きな違いを一言で表すと、外人は前例のないことをトライするのを称賛する、失敗を恐れないで成功を夢見る。ことです。ただ、欧州の会社の外人はとても日本人的でした(笑)
日本人管理職は、まず失敗を考える。新しいことに挑戦しない、できない。成功に嫉妬する、こういう輩がたくさんいました。それがこの日本の20年の停滞につながっていったのかもしれませんね。

ワイフと出かけるWindow Shopiingはあまり得意ではないのですが、D.I.Yが大お気に入りのお店です。先日もKLのシンクのゴミ受け皿が標準では使い勝手が悪かったので、D.I.Yで発見し取り付け。
写真は、こんな感じで、右が元々のもの。左に取り付けてピッタリの大満足。RM3.9


あとは、シャワールームの排水溝も標準のはワイフともども不衛生な感じに気になっていたので、いいものを発見して置換して取り付けました。これもRM4.9だったかな。


それとすでにプライパンは購入していたのですが、German Technologyとか書いてあると、つい試したくなって購入してしまいました。これは後日、使い勝手を記載したいと思っています。

Germanと言えば、小中学生のころSF小説にはまり「宇宙英雄ペリーローダンシリーズ」を思い出しました。この作品は私の生まれる前、1961年から始まり、未だに続いている作品です。えっ?作者は長生きなの?と思いますよね、実はこの作品は何人かの作者のリレー方式なのでよく話が飛ぶんです。ですので、いつのまにか読まなくなってしまいました。

今は時間があるから再開するのもありですねー。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ピスタチオ さん

シンクのごみ受け情報有難うございます。
早速、我が家の近くのDIYで購入しました。

こんな便利なもの気がつきませんでした。

感謝 感謝です。

Re: No title

fulafulaさん、コメントありがとうございます。

これ本当にとても便利。お役に立てて何よりです。

「ピスタチオ」

投資歴35年以上がたちました。外資管理職をリストラされて早期退職を強要。再就職をあきらめて現在マレーシアに移住しマレー株投資や移住での珍道中を寄稿しています。